Tokyo Analyzer

東京アナライザーとは

東京でお店を始める人のための、立地分析ウェブサービスです。その土地周辺の売り上げは高いか、歩行者がどれくらいいるかなどを比較することができます。地図上で候補地を選ぶだけでその場所を分析してくれる、立地分析AIも公開しています。

立地分析とは

店舗候補地などの立地が、どの程度商売に適しているか分析することです。 本サービスでは、小売売上や歩行者情報から、商売を始めるのに向いている土地かどうか分析することができます。

メッシュ型商業統計

経済産業省の小売売り上げのデータをもとに、500m四方のエリアにおける店舗種類の売り上げデータを、地図上に表示しました。 そのため、店舗候補地が商売に適している立地なのかを確認することができます。

使ってみる

歩行者データ

株式会社Agoopのポイント型流動人口データを元に、店舗の候補地周辺の歩行者データを比較することができます。 また、平日と休日の24時間ごとの歩行者のデータを線グラフで確認することができます。

使ってみる

AIを用いた立地分析

店舗候補地周辺の歩行者データをもとに、その立地がどれだけ商業的に優れているか分析するAIです。

使ってみる

詳細

どのように本ウェブサービスを開発したか、仕組みやデータの詳細については近々ブログにアップさせていただきます。

本ウェブサービスは、第4回の東京公共交通オープンデータチャレンジの応募作品として開発されています。そのため、式会社Agoopのポイント型流動人口データは、コンテストのために提供されているデータから、弊社がデータを分析し本ウェブサービスのための歩行者だと思われるデータのみを抽出して利用しているため、必ずしも正確・完全なものとは限りません。本アプリケーションの表示内容について、公共交通事業者への直接の問合せは行わないでください。